2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
味噌仕込み・・・一日目
- 2008/10/11(Sat) -
ママの祖母の家で毎年行われる「味噌仕込み」に参加してきた。

毎年、行こうと思いつつも仕事などでなかなか参加する事が出来なかったが今年は私の都合と
麹屋さんの都合が合い初チャレンジとなった。

昔、味噌屋に仕込みの見学に行った事があるので、だいたいの工程は知っていたものの見るのと実際に造るのとでは大きな違いがあった。
それは、まず「かなりの重労働」である事と「その地方によって造りが違う」事であった。


222 1436 222 1437
米麹です              ご飯を炊く「遠赤効果でホクホク、もちもち」

材料は米、米麹、大豆、塩を同量づつ混ぜる。
一日目の工程は飯米を冷まして米麹と混ぜた物を杉樽一杯に一昼夜寝かせる。ここまでの労働時間は約8時間。

222 1438
ご飯を冷まして米麹と混ぜる

飯米を移動して味噌蔵で冷却して米麹と混ぜるのだが、これが工程中一番の重労働である。
今年収穫したばかりのお米を薪で炊く「新米のホックホック、もちもち感」は電気炊飯器では味わえない。遠赤効果は薪かガスでしか現れない・・・炊飯ジャーのCMは大袈裟である。

222 1439
米麹、飯米を混ぜ樽一杯にする 

米、米麹を混ぜて杉樽に一杯にしたら一日目が終了する。これが明日には第一発酵して「甘酒」のようになる。

祖母曰く「明日の作業は今日よりうんと楽だどぉ」らしい。

早朝4時に起きて福島、常磐自動車道最終まで3時間弱、到着後息つく間もなく仕込み。
好きなお酒もそこそこで床に入った。

 
スポンサーサイト
この記事のURL | マクロビオティック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<味噌仕込み・・・二日目 | メイン | 思想のチガイ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://maidovin.blog8.fc2.com/tb.php/672-44994d66
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。