2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
巨大食道症・・・あれから四年
- 2008/05/13(Tue) -
私のブログを読まれている方はご存知だと思うがレオンが我が家に来た生後二ヶ月くらいのころ食べ物がまともに食べられず食べては吐きをくりかえしていた。先天性巨大食道症と診断され処方する薬もなく途方に暮れていた。
フードをふやかしたり、ペースト状にもしたり、水分を多くしたり試行錯誤を繰り返したが結果は食べては吐き(巨大食道症の場合これを吐出という)で痩せる一方であった。獣医は「このままでは半年もつか判らないが、これといって処置がない」と・・・
そこで「どうせダメならマクロビオティックに基ずく食事療法」を取り入れ一切の動物性食品をやめ穀類主体の食事にした。

穀類だと与え方によっては吐く事が少ないことが解り一年続け、その後、少し動物性も一割入れ、一年と半年を過ぎる頃には吐く事が無くなった。
222 137
丼に一食分を作り皿に一口分移して食べさせていた。

この食事法が正しいかは別として今では動物性三割、残りの七割を穀類というのが大雑把ではあるが現在のレシピである。立ち食い方は四歳まで毎日朝晩2回の非常に手のかかるものであった。
222 1293
数回に分けて立ち食い。
そして四歳の誕生日を境に普通の健康体のワンコの様に一人で食べさせてみた。吐かない!二週間と少し経つが便の方も良好であるのに嬉しさが込み上げた。

普通のラブの平均体重の半分ではあるが、こうして元気で問題も無く生活が出来るようになったのは即効性はないものの「ジワジワと効き目がくる」マクロのお蔭ではないかと自負している。四年という歳月はけして短いものではないが、こうして普通に食事が出来るレオンを見ていると食事を変えてよかったと思うのであった。

222 529
一歳にも満たないヴァンに大きさで抜かれた頃。
スポンサーサイト
この記事のURL | マクロビオティック | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<血族の戯れ | メイン | 子供金融>>
コメント
- よかったね -

レオンやったね!

手間がかからなくなって、寂しく感じてるんじゃない(笑)
2008/05/15 09:45  | URL | じろう #owzC3PLE[ 編集] |  ▲ top

- じろうさん -

どうもー!
手間がかからなくなった分
可愛がってやろう(笑
2008/05/16 06:31  | URL | レオンの親父 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://maidovin.blog8.fc2.com/tb.php/649-5ee47a84
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。