2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
善き時代
- 2006/07/23(Sun) -
古き善き時代を・・・と、言うよりも私の両親が田舎から出てきた頃なのだろうか?子供の時からよく聞かせれて育ってきた頃の話である。

まぁ映画というツクリモノではあるが私の幼少期は親はもちろん祖父、祖母もこんな時代の話をしては叱られたものである。
DSC02589.gif

この映画、時代は昭和30年代頃のよう。実に私が生まれる10年前頃の東京タワー建設中。両親も17、8歳頃であろうか?
学校教育では戦争が終わって間もない頃の様子である。

実際、私には理解し難い内容であるが、つい涙が出るほどの懐かしい一こまに「昔は10年なんてスローに時が経っていたのであだろう」と、祖父母(ご先祖様)に感謝である。

戦争を知らない子供であるが私達の子供も、もちろん知らないのである。しかし、こういう時代があったからこそ自分達がいるのだと知って欲しいのだが・・・幸せな時代に生まれた事が果たして幸せかどうか?

今、言える事は子供、女房以外に犬が4匹居てみな幸せな事なのだ!と
言うことだろうか?出来れば戦争、貧困なんて知らないまま暮らしたいものだ。

邦画で感動したのは何年ぶりだろうか?笑いあり悲しみあり感動ありの
良い映画だったと思う。ちなみに私は○すぎとピーコではないのであしからず。
スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりよがり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゴールド免許 | メイン | あまりにも大きい勲章>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://maidovin.blog8.fc2.com/tb.php/411-83eddca2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。