2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お手伝いキャンプ@福島県大熊町二日目
- 2006/05/04(Thu) -
今朝も天気に恵まれ起床6時にはけっこうな暑さである。
ヴァン、レオンをお休み中の畑で遊ばせた。都会では味わえない気の抜きようであるが車も来なけりゃ人もいない。だいたい農道で来てもトラクター。
DSC02271.jpg

昨日は怖がって近寄りもしなかった親戚のぼっちゃんも「レオンなら大丈夫そうだぁ」とナデナデ。今日も3兄弟で遊びに来てカエル、ヤモリetcの捕り方を教わる我が家の息子達。年も近いせいかやる事は田舎っ子も都会っ子も同じ。
DSC02273.jpg

お昼は昨日のメンバーでカレーライスを食べる。やはり外でおいしい空気を吸いながら。私はビールを・・・

午前中に田んぼに土嚢を積み田植えの準備をおばあさんの指導でやった。とても良い経験になったが酔いがまわり庭でお昼寝・・・
DSC02277.jpg

ムサシは「家に入れろ」と終始要求。すっかり室内犬である。室内が涼しいことを知っているかのようである。
DSC02282.jpg

夜はご近所さんから頂いた竹の子や山菜の天ぷらで舌鼓、酒がすすむ!
DSC02281.jpg

夕方アルコールの買出しに行って見つけた「よいこのびいる」を息子たちに見せると「ビールだ!」と喜んで、大人気分を満喫していた様子。
泡立ち色合いどれをとってもビールその物であることに感動した。
DSC02286.jpg

山の幸をたらふく食べ酒を飲み「畑仕事ってたいへんだぁ」とおばあさんに言うと「オレは毎日一人でやってんだぁ?」と85歳にして漲る元気を垣間見たようなきがした。
テント泊の醍醐味をしったのか今日も長男が「俺も一緒に寝る!」と、
来年は長男も中学生だ今年で最後になるかもしれないと眠い目をお互いこすりながらシェルの小窓を開け夜空の星を眺めた。少し風が強かったが暖かいシェル内で親子で語り合った。来年は大きくなって一緒に遊ぶ機会が無くなってしまうだろうが、またこうして息子と一緒に語り合いたいなぁと福島の夜空の星に願った。
DSC02285.jpg

親子2人無言のまま夜空を眺め「そろそろ寝るか?」と言うと
深い眠りについたヴァンのイビキがテント内に響きロマンチックな気分をすっかりぶち壊してくれたのである。
スポンサーサイト
この記事のURL | キャンプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お手伝いキャンプ@福島県大熊町ユーターン編 | メイン | 田舎でバースディー・キャンプ@福島県大熊町>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://maidovin.blog8.fc2.com/tb.php/370-c876ccf6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。