2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
田舎でバースディー・キャンプ@福島県大熊町
- 2006/05/03(Wed) -
義父の故郷、福島県双葉郡大熊町で帰郷キャンプ。
ママの祖母が85歳で一人暮らしをし、農作物を作っていて、年に一度遊びに行くようにしている。去年からワンコ3匹と大所帯になった我が家はキャンプ道具持参で庭でキャンプを行っている。
DSC02253.jpg

今年も苗床シーズンに当り水やりや田植えの準備を手伝った。かなりの重労働を85歳のおばあさんが一人でやっていると思うと心苦しい思いである。しかしどんなに不作でも毎年その恩恵を受けている我が家は結婚してから今までお米を買ったことがないのだ。おばあさんに感謝である。
DSC02252.jpg

庭の一番奥に今夜の寝床を設営。リビング・シェルの中にムーンライトがお決まりのスタイルになり設営にもなれた感じがした。
晴天とは言え夜の気温はまだ冬並みである。今夜はシェル内に七輪を焚き暖をとろう。
まだ日も落ちない夕方前から我が家の息子達と遠い遠い親戚に当たる子供たちが遊びに来て楽しく宴会がスタートした。
DSC02256.jpg

今日の目的の一つにおばあさんの初孫であるママ、そして曾孫である次男のバースディー・パーティーを行うことだ。親戚筋にあたる3兄弟も初めて出会うがとても仲良く遊びパーティーも一緒にやってくれることになる。とても初めて会ったとは思えないくらい意気投合!
DSC02259.jpg

男の子が5人みなとても元気!
DSC02264.jpg

バースディー・ケーキとランタン「ニャー」。この後ニャーのオイル挿入口がバカになり給油が出来なくなってしまった。
DSC02266.jpg

子供たちの喜ぶ姿に都会では味わえないアウトドア・バースディー・パーティーとても癒された。助かることに夜も暖かった。
DSC02269.jpg

夜8時お開き。家族みんなが家に入り私一人のまったりタイムのはじまりである。焚き火を眺めながら県産酒「大七」を飲む。
どれくらい時間が経ったのだろうか?ゆらゆらと燃える炎を眺めていたら、まるで催眠術にかかったように睡魔が襲ってきた。
テントに潜り込むと何故か長男が寝息を立てていた・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | キャンプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お手伝いキャンプ@福島県大熊町二日目 | メイン | ハッピーセット>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://maidovin.blog8.fc2.com/tb.php/369-1ae1464c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。