2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「雨ニモマケズ」
- 2006/02/17(Fri) -
「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ  風ニモマケズ  雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ  慾ハナク  決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテヰル
一日ニ玄米四合ト  味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ  ジブンヲカンジヨウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ  ソシテワスレズ  野原ノ松ノ林ノ陰ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ  東ニ病気ノコドモアレバ
行ツテ看病シテヤリ  西ニツカレタ母アレバ  
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ  南ニ死ニサウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ  ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ  サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボウトヨバレ  ホメラレモセズ
クニモサレズ  サウイフモノニ  ワタシハ  ナリタイ

小学生の時、当時既におじいさんだった担任に無理やり覚えさせられた記憶がある宮沢賢治の「雨にもまけず」。当時は何を意味するのか理解
などする余裕すらなかったが、いまだにトビトビだが憶えている。


大食、飽食があたり前で医者と薬は増え医療費も上がる現代だがその分病気は減ったかというと増えている?なんだか政府に騙されているような感じすらする。

この詩が何を訴えていたのか、ふと考えてしまった今年38歳になる私。

「一日ニ玄米四合ト  味噌ト少シノ野菜ヲタベ」で居れば

「丈夫ナカラダ」になるのだろう。
小学生だった頃、何も考えず、ひたすら憶えたが宮沢賢治が生きた時代に訴えたかった事、そして担任だったおじいさん先生は粗食の大切さを裕福に育っている私達生徒に訴えたかったのだろう?先生はもしかしたらマクロビアンだったに違いないと妄想してしまった。
スポンサーサイト
この記事のURL | マクロビオティック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<久しぶりの大暴れ | メイン | 止まらない物欲>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://maidovin.blog8.fc2.com/tb.php/304-5407fa8f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。