2008 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 01
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハレの日
- 2008/12/24(Wed) -
我が家でもクリスマスをやりました。

ママが「安く手間をかけて美味しく見た目、鮮やかに!」と・・・

私が子供の時はこんな素敵で豪華な日(ハレの日)なんて正月ぐらいだったのに息子達は何の感動もなく、そしてママの苦労も考えず、ただ無言、無表情でご馳走を平らげた。

ママとしてはの「残さずに食べてくれた事が嬉しい」と言っていたが私は胸の内に怒りが込み上げていて我慢するのに大変であった。

貧乏だった私の子供の頃は正月以外はケの日(普通の日、日常)が普通で今の子供は安定しきった世の中でハレの日が当たり前で・・・
2008122318270000.jpg

まぁ年頃だからしょうがないもか?

不景気の世の中でクリスマスが出来る我が家に感謝なのか?

本当の原点に戻るのは来年だ!

と、生活レベルを中々落とせない私のささやかなる「ひとりごと」になったクリスマスであった。

スポンサーサイト
この記事のURL | ひとりよがり | CM(2) | TB(0) | ▲ top
讃岐うどん「條辺」
- 2008/12/21(Sun) -
先月末ママの従妹に子供が生まれたのでお祝いを届けがてら従妹の旦那が営む「讃岐うどん條辺」でうどんを食べた。

前回、行った時よりは行列が出来ており「流石、元プロ野球選手の店」と思っていたが今回、昼前だからなのか列は無いものの客の回転はよく入れ替わり立ち代りの繁盛振りであった。

なによりも有名人見たさの若い子や団体さんではなく近所の人と思われる一人だけのお客が朝食に訪れていた。地元の顧客をしっかりつかまえているので同じ商売人としては安心した次第である。
2008122111070000.jpg
「しっぽくうどん」て何?次回は食べてみたい。

普段は蕎麦を好み食べている私であるが「讃岐」に到っては「コシと喉越し」が大好きになってしまいハマッテしまいそうである。近所では中々お目にかかれないが車で1時間程度なのでちょくちょく行きたい。

2008122111210000.jpg
わかめうどんに穴子天をトッピング

讃岐の本場では朝食にうどんを食べる習慣があるそうだが私も近くにあるのなら朝食にうどんを食べたい。

2008122112020000.jpg
待望の男の子

そして住まいに移動して久しぶりにみる赤ちゃんを抱っこさせてもらった。

ママ曰く「パパは孫を見るおじいちゃんみたい」と変なことを言っていたが可愛いものは可愛いのだ。きっとそんな気持ちでいる私がお年寄りに見えたのだろう。

さすがに髭面での頬摩りはNGだった。

第二の人生を野球玉(ボール)からうどん玉に変え仕事も私生活もうまくいっている様子で安心である。

お土産用ギフトBOX入り「半生うどん條辺」を個人的な歳暮用に購入して親戚の宣伝活動につとめよう・・・
この記事のURL | ひとりよがり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。