2007 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
馬鹿は風邪を・・・
- 2007/11/30(Fri) -

先週の木曜日あたりから喉に何かが引っ掛かっているような咳をしていたヴァンが調子を取り戻した。「どうせフードの粒が変なところに引っ掛かっているのだろう」と思っていたが、三日経ってもいっこうに良くならず、むしろ酷くなってきたようだったがムサシも同じ様な咳をしだしたので「ケンネルコフか?感染力が強いらしい」とママと話していた。でも「馬鹿は風邪を引かないだろう」と言ったところ「ヴァンは馬鹿じゃないよ」とママにかえされた。「でも我が家の中では一番目立つ馬鹿さ加減だし・・・etc」


風邪だからほっとけば治るだろうと思い獣医には行かず様子をみることにした。結果、回復して何時ものヴァンとムサシに戻ったのであるがレオンは何ともないのである。感染力の強いケンネルコフは三日以内に症状がでるそうで一週間経った今でもレオンは好調である。やはり賢い子は風邪を引かなく馬鹿は風邪を引くという定説は当たっているように思える。ヴァンは何度でもケンネルコフにかかりそうとも思える・・・

スポンサーサイト
この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おめでとう!
- 2007/11/27(Tue) -

ヴァンの二度目の種付けで生まれた子供達へ「満1歳の誕生日おめでとう!何時までも元気でね」


image.jpg


ソラへ「何時でも会えるから安心だけどヤンチャが少し過ぎるぞ!」


happy.jpg


ハッピーちゃんへ「女の子だけど、とうちゃん似なところが可愛いぞ!」


他の子達は元気にしているのかなぁ?まぁ二人の元気な姿が嬉しいよ!今日は酒が旨い

この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お泊り
- 2007/11/26(Mon) -

私の両親が旅行に行くのでコボと黒猫のブンの世話を頼まれた。コボは我が家に連れてくればよいのだが存在感の無いブンは気の毒だが留守番である。彼は連れて行こうにも何処へ行っているかわからないほど出掛けていることが多く、たまに帰って来てもトイレか水、ご飯の時だけの様で、一日を通して何時の間にか帰宅して仮眠?をとって早朝に出掛けているようなので家族としても「いつか帰ってくるからほっといてい?よぉ」であってコボだけ我が家に連れて来たのである。元々4頭飼いだった我が家だけに「コボ一匹位たいした事はない!」言っていたが頭数の問題ではなく「ニオイ」が気になってしまった。雨降りでも、よっぽどの降りでなければカッパを着てでも毎日1時間の散歩に連れていかれる。犬にとって幸せなのかどうなのかわからないが毎日決まった運動をさせてもらってるので満足なのであろう。しかし父曰く「犬は外飼いがあたり前」「番犬の様に吠えろ」etc・・・私からみれば非常に気の毒なコボだが最近、夜だけは家の中に入れてもらえるようになった。元々、寒くても暑くても外飼いだったので良しとしよう。


しかし我が家に連れて帰る車中で子供達の顰蹙をかい帰宅後そのままお風呂にレンコウ、念入りなシャンプーでサッパリ!ご飯を食べて満足したようだ。久しぶりの4頭飼いなのだが暴れん坊ヴァンの様子が何時もとちがう・・・


20071127200827.jpg 20071127200903.jpg
シャンプー時の大人しさ、素振りがプー助を思い出させるのであった。とても良い子である。


 

この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
犬無しで・・・
- 2007/11/25(Sun) -

「たまには子供孝行しなさい!」そんなママの一言で今日は犬抜きでフィールド・アスレチックに挑戦してきた。考えてみれば犬抜きなんてムサシが我が家に来てからの約7年間、何処へ行くにも犬が一緒であり、それがあたり前になっていたのだ。そして私の趣味であるキャンプは犬達も一緒に遊べ家族も一緒だからと強引な手段であった。かといって犬達に長い時間の留守番をさせるのも気の毒だ!いろいろ考えた結果「千葉県野田市の清水公園内にあるアスレチックに行こう!」という結果になったのである。そこなら我が家から片道一時間、仕事でしょっちゅう行くので裏道も攻略済だ。「もう、ここっきゃないでしょ!」とママに相談したところOKをもらえた。


早朝、何時もより長めの散歩してご飯を食べさせ出発だ。行きは40分強で到着、受付を済ませてアスレチックに挑戦だ。ファミリー・コース、冒険コース、水上コース全て含めて100工程にチャレンジだ。今日は最近では珍しく長男も一緒についてきたのである。そして向かいのお宅の年中の幼稚園児も預かり保育だ。


20071125171730.jpg 20071125171812.jpg 


左:幼稚園児も我が家の息子に負けじと一生懸命にやっている。あまりにも躊躇無しで高いところもスイスイ上がっていくので心配で目がはなせない。実際、自分の息子達はほったらかし教育だったので、こんなに面倒を見るのは初めてである(汗)年の離れた三男坊のようだった。右:「俺もまだまだ出来る!」と水中に浮かぶ陸地にターザンの様に飛ぶ!はチャレンジしたものの不安定なところへの着地に自信が無く、あえなくリタイアだ。「年には勝てない」とおもいしらされたのであった。


ファミリー・コースは難なくこなせた私であったが冒険コース半分と水上コースはリタイア。お昼ご飯を食べ休息をしたら戦意喪失!何か急に筋肉痛が襲ってきてしまったのである。「まぁ当日に筋肉痛になるのは若い証拠だ!」とおかしな言い訳をして子守に徹したのであった。次回は全てクリアすると誓い帰路へとむかった。ちなみにリードを短く持てば犬同伴もOK!なのがわかった。



この記事のURL | キャンプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
情報交換
- 2007/11/16(Fri) -

今回、ムサシを引き取りに行って思ったことしたためたい。彼が行方不明になって保健所、警察以外にも助けを求めた友人の方々のアドバイスにもあった「警察で保護されても保健所には連絡がいかないから両方、まめに電話をして保護されたか確認をとったほうがよい」と、いうのがあった。実際、足立保健所には迷子の連絡をしていたが同じ区内の保護された西新井警察からは連絡が無く(こちらからも迷子届けはしていなかった)世田谷のセンターに移送されてしまった。


結局、見つかったのでよいのだが反省をしながら考えなおしてみると疑問がわいてきたのである。「同じ区内の竹の塚警察と保健所に迷子届けを出していたのにも関わらず西新井署に保護された場合、同署には届出はないからセンターに移送した」???「これって同じ区内の各警察署、保健所間の情報が交換されていないからでしょ」・・・「人だったら迷子にせよ、誘拐にせよ情報交換はあたり前なんだからペットも同じくらいの扱いをしてくれたって・・・」と考えているのは私だけではないであろう。そして各保健所でどうなのかは知らないが保護された地域の警察署もしくは保健所で保護してくれてればよいのに、わざわざ23区を統括している世田谷のセンターに移送だなんて?センターを作ったのだって税金でしょ愛護相談センターと言ってるけど保健所なんだから。


不満ばかり書いてしまったけどムサシに迷子札をしなかった私が悪いんだけど。人間と同じような扱いをしてもらいたいものだ!だって家族なんだから。今回の事で、一つ勉強になったけど・・・

この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無事帰宅
- 2007/11/13(Tue) -

7日の朝6時頃から行方不明になっていたムサシが無事に帰宅した。昨日更新する予定であったが、あまりにも変わらない状態、元気な姿に私もママもホッとして少しのお酒に酔いがまわり早めに床についてしまったのであった。


結局、連絡を入れてあった警察署、保健所の管轄を越え「まさかっ!」と思うようなところで運良く私の手から放れた3時間後、通報者に捕獲していただき西新井警察署に連行?され二泊。あまりにも予想外だったので届出無しの迷子犬扱いにされてしまい世田谷の愛護センターに移送されてしまったのであった。移送されたところには前もって連絡を入れてあったので営業時間ギリギリに連絡がありムサシだと気付いたが生憎、土日がからみ、また二泊三日の約一週間ムサシの居ない日を過した。


まぁ何にも無く元気な姿で帰って来たムサシに私もママも「なんて強運の持ち主なの!」と今日までの緊張の糸がプッツリ切れてしまった。元々、生後推定1カ月で我が家に来て運を拾い、度重なる脱走も運が良いだけに今日に至っている。しかし、もうコリゴリである。「もう脱走をしない運も拾ってくれればいいのに」と、すっかり安心しきって爆睡しているムサシを見ながら久々の美酒に舌鼓をうったのであった。

この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もう限界だ・・・
- 2007/11/09(Fri) -

まだ夜も明けない早朝4時にムサシを捜しに出掛けた。新聞、牛乳、コンビニの配達の方々の情報を得る為と朝なら人が動かない時間なので「ムサシ!」と呼べば吠える声も聞こえるだろうとおもったからである。しかし、考えとは裏腹に「眠らない町であった」と意気消沈である。職業的なのか、それとも別の理由なのか夜が明けないに意外と明るくムサシの声も聞こえないほど起きている方々が多いのには驚きであった。結局、何も得られないまま仕事に行く時間になってしまった。


何も得られないまま今日も終わるのだろうと思い最悪の結果が強く頭をよぎる。ところが連絡してあったところから5時ころ連絡があり「絶対ムサシだ!」と確信した。東京都動物愛護相談センターに移送されてはいたが「なにもかもムサシそのも」であった!予想外の場所で捕獲されていた。元気で外傷もなくムサシそのものである。ただ全てをムサシだと確認できるのに時間がかかりセンターの業務時間にまにあわなかったが画像がムサシである事には間違いない!


早く会いたいが生憎、土日と休業日が重なってしまい月曜日に迎えに行くことになった。

この記事のURL | ワンコ | CM(9) | TB(0) | ▲ top
今日も・・・
- 2007/11/08(Thu) -

あちこち捜したが今日も目撃情報と保健所等からの吉報は得られずだ。「リードが何かに巻きつき身動き出来ないのではないか?」「何処かで怪我をしてうずくまっているのではないか?」と嫌な事ばかり考えてしまう。元気な姿で帰ってきてもらいたい。


すれ違う方々に事情を説明すると「一週間位で帰ってくるよ!犬には、そういう本能が備わっているんだから!」と元気付けられることが多いのには驚いた。迷子になったしまう事は犬飼いには当たり前の事なのだろう?今日までリードを放してしまった自分を責めていたが私もそういった本を読んだことがある「元気に違いない!」と考えるよう前向きに思いたい・・・

この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムサシ帰らず・・・
- 2007/11/07(Wed) -

「何事も無く皆、元気だ」と昨日書いたばかりにも関わらずムサシが行方不明になってしまった。今朝の散歩で私の手からリードが離れてしまった瞬間、猛ダッシュで走り去ってしまった。「これで5度目だ!もういい加減にしてくれっ!」と独り言を言いながらヴァンを一旦、自宅において「またムサシが逃げた!」とだけママに伝え車で捜しに出掛けた。今回で5度目だけどもしも・・・と最悪な結果を考えながら過去に居たコンビニとムサシが好きなメス犬の家etc・・・に行ってみたが居ない。すれ違う方々にも聞いてみたが目撃情報は得られずであった。


ママも仕事に出かけるギリギリまで捜してくれたが吉報は得られなかった。仕事中も最悪の結果が頭から離れなく仕事が手につかない。ちょこちょこ自宅と店に様子を見に行ってみたが帰っていない、そして不安な夜を迎えた。仕事を終えて帰宅し2時間ほどムサシの行きそうなところを捜してみたが目撃情報は得られずだ。明日は予想外のところを捜すと誓い床につくが中々眠れないのである。あらゆる保健所、警察には連絡済みだが今日は何も連絡はなかった・・・元気で居てくれる事を祈りたい。

この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久々の更新
- 2007/11/06(Tue) -

更新がすっかり滞ってしまっている。これといって忙しい訳ではなく、これといってしたためておく様なこともなく、何事も無く皆元気である。今年も残すところあと二ヶ月をきってしまい早々と今年を振り返ってみたら年明け早々から「休みはキャンプをしよう!」と予定をたてると決まって用事ができたりで結局、今年の野遊びは夏に行った「嵐の西湖キャンプ」たった1回であった。先日の沖ノ島オフも数週間前から調整をとっていたのにレオンの奇病(結局、腸炎だっただけ?)により断念。ツイテない一年であった・・・プー助に至っては今年の春先に一歳という若さでこの世を去ってしまったことが我が家にとって記憶が更新されず新しいままであり思い出すたびに、言葉に出すたびに涙ぐんでしまう・・・「こんなに辛いとは」


ただ予定が出来て野遊びに出かけられなくなっても時間さえあれば公園に、ランにと、ほぼ毎週のように出かけているので犬達には適度な運動になっているのが幸いであると思っている。またヴァンの息子の武蔵、ソラも会おうと思えば行けない距離ではなく私達を元気付けてくれるような成長ぶりも凹んだ今年の我が家の頓服剤、起爆剤になっている。新しい出会いもあり心が癒された。


11月振り返るには、いささか早いような気もするが残り2カ月をきってしまい一日が早く過ぎ去る気がしてならない今日この頃である。


20071106224146.jpg 20071106224224.jpg


先日行われた、ヴァン、プーの出身犬舎オフでの1コマ。右:何時の間にかヴァンより大きくなった息子ソラ


20071106224534.jpg


新しく家族に加わったコボ、今ではプーの生まれ変わりじゃないか!といわれるほど良い子。


湿った話が大半になってしまったが嬉しい事だって沢山あるのだ。残りの2カ月を悔いのないよう一生懸命、無駄の無いように過したいものである。





 


この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。