2006 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2006 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ジンクスその3
- 2006/11/29(Wed) -
ヴァンが新たに4匹の父親になった。
一般家庭で自由気ままに育った彼は本当に幸せだと、この一言に尽きるのである。相変わらずの爆裂親父だが五体満足で、この世に生を受けた4匹もまた幸せ者であるに違いないだろう。

そして人間である我が家の息子達にも交配を見てきて勉強になったに違いないと思っている。生まれることの幸せさや神秘について他の家庭ではなかなか経験できる事ではない。そして一生を見取る責任、家族としてのワンコ、私が子供の頃からみてきた夢を息子達に実感してもらう良い経験になった。

ともに成長が楽しみであり、また心配もあるのは人間の息子も犬の息子も同じである。そんな事も息子達が感じ取ってくれれば親として嬉しいのである。

今でも続けている北側の窓を閉める習慣が皆に伝わったのか?あまりにも続く良いことが私の心に緊張感を醸し出している。ちなみに今日は犬の糞を踏んでないので、やはり北側の窓が良いことの起きるジンクス?
スポンサーサイト
この記事のURL | ワンコ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ジンクスその2
- 2006/11/27(Mon) -
今朝、仕事場に着き車から降りていきなり犬の糞を踏んでしまった。靴の裏を洗いながら「ついてねぇなぁ?」と思いつつも何時も通り仕事を始めた。
お昼頃、前に行った営業先から携帯に連絡があり取り引きをしたいとのことだ。
飛び込み営業で話も聞いてもらえず諦めていたところであったが仕事になりそうなのである。こんなに良いことが連続して起こるのは果たして北側の窓を閉めた事によることなのか?それとも犬の糞を踏んでしまったことなのだろうか?考えてしまう。
そして糞を踏んでしまうアンラッキーな事が本当は良いジンクスなのか?明日から糞を踏む事も日課になりそうだ。
この記事のURL | ひとりよがり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジンクス
- 2006/11/24(Fri) -
日頃から気をつけていることがある。それは北側の窓を開けないことだ。つまらないことだが九星気学という風水の様なものを基本に設計し我が家の北側は全て水周りが集中している、そして金銭の出費が激しいのも北側を開放するとおこるらしいのでトイレ、風呂は喚起以外は閉めておくようにとママにも言っている。いいかげんなもので最近忘れていたのだがトイレと風呂の窓のところにホコリが積もっていたので気が付いたくらい忘れていた。なんだか最近変な出費が多かったように思えて仕方がない。
そこで自分自身で忘れない様に寝る前に全て閉めていたら急に考えてもいなかったところからお金が入ってきた!これはきっと北側の窓を閉めるようになったからだろうと思い込んでいたが今日も新規のお客が営業もしてないのにも関わらず連絡があり仕事でも運がついてきたのだ。

これだけ続くということは九星気学は本物の占い?と言っても過言ではないだろう!これからも北側の窓に注意をしようと思ったしだいだ。

それとは正反対にヴァンの散歩中に犬の糞を踏んでしまったが、これも運が付いた証拠なのか?
この記事のURL | ひとりよがり | CM(2) | TB(0) | ▲ top
抜糸
- 2006/11/22(Wed) -
プー助の尻尾の傷口がよくなってきた。通院をやめてから数週間が経つが抜糸はしていなかった。また獣医に行けば多額の医療費を請求されるので自分達でやることにした。正直言って大丈夫なのか?と心配してたが思ってたよりも簡単に糸が抜けたのだ。傷口も裂けることなく、しっかりと肉も盛り上がり治っていた。あとは先っぽのみ、イソジン、オロナインをつけて経過を見ることにしよう。
この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最先端の医療を求めて
- 2006/11/19(Sun) -
持病のある2匹の為に責めても医療設備の整った病院を決めている。何かあった時にこうした病院は助かるのであるが最先端の医療設備も宝の持ち腐れと思うふしがあることに悩んでいる。

我が家が通うその病院は現在一部改装中であるが、まだ若い病院にもかかわらず、これで3度めだと思う。確かに設備も大事だろうが医療費が我々素人に気が付かれない様に上がるのは考え物だ。同じ病気や怪我で通院しても過去と現在では薬の量が増えたり通院する回数が増えるのもおかしい・・・これじゃ人間の通う悪徳病院となんらかわりがないのである。こうした事が犬や猫を飼う飼い主の間で少しずつ問題視されるようになって私も気が付いた。

そういえば我が家のプーも大した事ではないと思っていたが実際通院を始めてみると治りが遅いのに疑問を持ち続けていた。エリザベスをして包帯をして、おまけに通院1週間を過ぎた頃に「一鉢縫いました」というう診療にずっと疑問を持ち続けていたが通院は真面目にしていた。しかし、この2週間通院をやめママと二人で消毒のみしていたら、目で見てわかるような速さで治癒していくのである。イソジン、オロナインのみでだ!いったい今まで支払った銭はナンなんだ?

たいした事ではないときの為、病院は他に2、3軒決めておけば平均値が分かるというものだと考えさせられてしまった。

また病院側の立場になって考えた時、設備投資にかかった費用は患者から吸い上げなければ経営は成り立たないもので、これからは賢く使い分けしなくてはならないのだなぁと思ったしだいだ。

抜糸も明日当たり自分たちでしなくちゃなぁ
この記事のURL | ワンコ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
酒・・・日本酒編
- 2006/11/17(Fri) -
昨日は洋酒の新酒だったが今日の晩酌のおともは日本酒である。
かたや新酒、かたや日本の酒の熟成酒、ラベルをみてもらうとわかるが「ひやおろし」とあるが、この「ひやおろし」は昔、厳寒期に仕込み半年熟成して冷やのまま卸すという意味で「冷や卸」と今でも言うらしいが流石に半年熟成というだけあってコクがあり味に幅があるのだ。
仕込んですぐ新酒で売るより熟成させてうるのはコストがかかり、それだけ市場価格は高いが旨いのである。そして1年に一度だけ味わえるというところはヌーボー(新酒)と同じ意味があるが新種のピチピチ感もよいのだが熟成された感じも、やはり良いのである。
20061117232528.jpg

女性に例えるのもおかしな話だがピチピチギャルと熟女の違い?
男としては、どちらも捨てがたいものだが、これはあくまでお酒の味わいの例えであり私はママ一筋なのだ・・・じゃんじゃん!
この記事のURL | ひとりよがり | CM(2) | TB(0) | ▲ top
酒・・・ワイン編
- 2006/11/16(Thu) -
すっかりおなじみのボジョレーの新酒が解禁である。
フランスワインでボルドー地方についで有名なブルゴーニュ地方ボジョレー地区で造られるヌーボーだ。ヌーボーとはフランス語で新酒の意。
最近では、これを真似て日本酒でも新酒をわざわざヌーボーとうたうメーカーがあるが私的にはどうかなぁ?と思う。ここは日本だぜ!
日本酒はやっぱり新酒か旬の酒とうたうべきではないだろうか?・・・
20061116214632.jpg

話は反れたが、このワインはビール飲みのママが「これなら飲める!」と私と唯一付き合えるアルコール類で、それを知ってから毎年ヌーボー解禁日は一緒に飲み続けている。一緒に飲めるアルコールに、ある意味共通する話題ができるということが楽しくてワインの不出来は関係なくなる。
TVなどでいろいろ話題に出るが今年も美味しく夫婦でいただけた。来年も再来年も末永く解禁日にはこうして飲みたいものだ。

ちなみに赤ワインを好まない私もボジョレー地方でできるガメイというブドウ品種で造られるワインは好きだ。
熟成されたワインもよいのだろうがピチピチした新酒が私好みである。

熟女よりピチピチの若い女性が好きな訳ではない・・・
この記事のURL | ひとりよがり | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ヤンチャな証拠
- 2006/11/14(Tue) -
20061114223537.jpg

後もう少しで尻尾の怪我も治るかな?というところで包帯を取り乾燥させるかぁと思っていたら尻尾をブンブン振り回して傷口が開いてしまい至る所に血痕が付いてしまった。まだ早すぎたか?
しかし、至って元気で心配は無いのだが、包帯&エリザベスは当分の間外せないことになってしまった。
20061114223631.jpg

尻尾の傷は心配だが、それよりアチコチぶつけまくって割れてしまったエリザベスの方が重症だ。

傷が治る前にエリザベスが崩壊しそうで心配になってきた。
この記事のURL | ワンコ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
進水式キャンプ 二日酔いだけど本番編
- 2006/11/12(Sun) -
昨日は何時に寝たのか分からないが、しっかり二日酔いで頭が痛い朝であった。早朝5時に目は覚めているがテントでダラダラしていたが外は強風でシェルのバタバタという音がきになり思い切って外に出た。かんりの強風で進水式ができるのか?と心配しながらヴァンの散歩に出た。誰も居ないか確認してリードを離すと一目散に川に飛び込んだ。久しぶりにはじける姿に楽しさが伝わる。水を得たラブ?なのだ。
20061113212512.jpg

強風にも負けないリビング・シェル!コンパクトにはならないがペグ4本でも、しかっりしている。
20061113212607.jpg

あまりにも強風の為、川の近くまで移動してしまった。愛艇「レオン丸」今年の出番は少なかったので「風よ止めぇ!」と願をかけシェルに戻り朝食のビールを飲んでいると、じろうさんも起きて来たので本当の朝食をとることにした。

この記事のURL | キャンプ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
進水式キャンプ まったり編
- 2006/11/11(Sat) -
キャラバン・ウィズ・ドックというMLに参加しているが今日は、その仲間のカヌー進水式だ。久々の2連休なので前泊で現地入りした。場所は私のカヌーデビューの地「かわせみ河原」である。かわせみは今年初めてで今年最後の漕ぎとなる明日が楽しみだ。
前泊組は我が家とじろう家だけ、じろうさんを待ちながら息子達とまったりタイム。
20061112172923.jpg

心配していた天気も曇りで雨は降らず何時もの様にリビングシェル内にムーライトのインナーのみ設営しビールをグビグビ飲みながら、じろうさんを待つ間、今回珍しく長男もついてきたので久しぶりの会話も少し気を使いながらであるが、そんな私の気持ちが伝わったのか?子供じみた話題で盛り上がった。長男も来年は中学にあがるので残りわずかな小学生時代をキャンプで一緒に楽しみたかったのである。最近の殺人的激務で疲れていたが来てよかったと思った。
20061112173023.jpg

少々寒かったが武井のバーナーが役に立つ!シェル内は一気に薄着でリラックスできた。ビールがすすむ!

すっかり日が落ち真っ暗になったころ、じろうさんが到着し「さぁ飲みましょう!」とビールで乾杯だ。炭火をおこし焼き鳥を焼き鍋をつついて日本酒だ!たわいのない話題で酒がすすむ!すっかり満腹になった頃、風が強くなってきたので今日はお開き!明日に備えてのことだがお互い日頃の疲れで早く床に着きたかったのである。

シェル内に戻り息子達はシェラフに潜り込み、あっというまに寝息を立てていた。私は寝酒にもう1杯日本酒を飲み、タバコをくゆらしながら親離れして行く長男のことを考えた。
この記事のURL | キャンプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年ラストかな
- 2006/11/11(Sat) -
天気が心配だけど、どうにかなるかぁ
今年はカヌーを漕ぐ機会があまりにも少なかった。
これで今年最後だろうな
20061111093059.jpg

さ?出発しよう!
この記事のURL | キャンプ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
黒って、やっぱ可愛い
- 2006/11/09(Thu) -
仕事が早めに終わったので早めの帰宅をしTVを見た。
今日はヴァンと同じ犬舎出身のラブがTVに出る日であった。この番組を見た方はご存知だと思うが見事に優勝したのである。このお宅にお邪魔した事もあるが、けしてタイトルにあるようなワンコではないのがわかっていたが優勝するとは嬉しいかぎりである。

我が家のヴァンをダブらせて見ていたがヴァンでは無理であろう(汗
この訓練師は誉めて躾けるタイプのようだがもしヴァンが、この訓練師に運良く付いても顔にドロを塗ることになるだろう。それは、それでTV的には面白いのかな?

家族で応援し楽しいひと時を過せた。晩酌が特別に美味しかった!
この記事のURL | ワンコ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
埼玉県人会
- 2006/11/05(Sun) -
故郷が同じ方々が集るナニがし県人会というものを世間でよく聞くが今回ネットで知り合ったキングママさんのはからいで埼玉県に住むラブ飼い同士が松戸ドックランに集った。キングママさんのHPはレオンを飼いだしたころから知っていたが実は読み逃げしていた。たまたまヴァンの親戚犬の茶ラブこま君のHPで思い切ってコメントを残したところ何と同県人であった!そこで調子に乗り遊んでぇ?!と声をかけたところ数日で「一緒に遊ぼう!計画」が立ち上がったのだ。
それもママさんが同県人のラブ飼いの方々集めて下さり大規模な「一緒に遊ぼう企画」が実現した。人間20人かな?ワンコはじつに一家族二匹以上で何匹居たか分からない(笑)
20061107215813.jpg

今日集ったラブは茶が圧倒的で、このランに遊びに来た他所のラブ飼い主に「これは茶ラブの集りですか?」と質問された。
20061107215909.jpg

3時間ほど遊んで近くのドックカフェに昼食に


この記事のURL | ワンコ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
洗脳
- 2006/11/03(Fri) -
ママの知り合いがワンコを飼いたいので我が家のワルガキを見学しに来た。ヴァンを見たら飼う前から諦められてしまうだろうと思いケージから出さない作戦をとることにした。レオンやムサシなら誰でも飼いたいと思う大人しさ、そして人懐こい性格だから好かれること間違いない!
どうせ犬を飼うならラブラドールをすすめたいが犬飼初心者にすすめてもよいのだろうか?考えてしまう。きっと盲導犬をイメージしているだろうから・・・

やはりレオンとムサシは考えてた通りで可愛がられレオンにいたっては腹見せてじゃれ付いては人気を集めた。成人を越えた2人のお子さんと双子の中学生がいる家族で、ご主人さんも犬を飼いたいとのことで家族みんなが賛成している。ならばヴァンの爆裂ぶりも見てもらおうとケージから出すと案の定の暴れっぷりで、それまでソファーで寛いでいた客人も全員立ち上がり驚いていた。やはりなのだ・・・
20061105074937.jpg

しかし、それはそれでラブの本当の正体を知ってもらい、それでも飼いたいと思うのならばと、思っていたが、どうせならヴァンの子供が欲しいと危険な意見を言っていたのに冷や汗であるが嬉しい意見である。

一通り我が家のワンコと戯れて、犬を飼うのに必要な物の説明をした。
さぁ家に帰って気持ちが変わらない事を願いたいものだが、ヴァンの爆裂振りをみて少しは諦めもついただろうか?やはりヴァンを見せるべきではなかったのだろうか反省しつつ、近くに子供がいて何時でも会えることを夢見ている、したたかな私である。
この記事のURL | ワンコ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。