2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
焼鳥キャンプ@栃木
- 2010/10/12(Tue) -
久しぶりの更新である。
今日までに2回程キャンプに出掛けるなどネタは沢山ある。
が、今回ほど記憶に残るキャンプは無いと思い忘れないうちに更新することにした。

まぁ僕の記憶は泥酔して沈するまでの時間のみだけど・・・

今回は前回更新時にお世話になったN田さん夫婦のおすすめの野営場にご一緒させてもらうことになった。

N田さんの凝った料理に舌鼓!地元のもつ焼屋に来ているような雰囲気と最高のロケーションに酒が進む!

222 1534  222 1535

ここまでが僕の記憶と少ないが到着日の大雨が嘘の様に残り二日間は晴天、朝は自然のミストが降り注ぎ
マイナス・イオン満開!それを肴に酒が旨い!

肝心な時にデジカメの電池が切れて画像は少ないけど充実した3日間だった。

次回は酒を控えなければ・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | キャンプ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
他力キャンプ
- 2010/06/27(Sun) -
半年振りの野遊び

前回、ご一緒してもらったご夫婦と僕はソロのはずが前日になって「俺も行く!」と言ってきた
次男坊、ヴァン。

場所は前回と同じキャンプ場だ。

本当は書きたく無いが千葉県君津市にある「フルーツ村オートキャンプ場」
なぜ書きたくないかというとお気に入りなのであまり知られたくないからだ。まぁHPもあるから
わかるんだろうけどね。

天気は生憎の降ったり止んだり撤収日は朝から雨の二日間だったけどカヌーも出来たし酒も飲めた。
沢山ね

222 1524  222 1527
初張りのカーサイドタ?プ     景色が最高


ひとしきり漕いだ後はお決まりの宴会だ。到着してからずっと飲んでるけど

やっぱ飲み仲間がいると酒がすすむ。

オーナー夫婦もきて賑やかな宴会となった。

222 1529        222 1530
友人夫婦の天ぷら、レバカツ    僕はカリカリベーコンと目玉焼き


キャンカー乗りの友人夫婦は何時も手の込んだおいしい料理をご馳走してくれるので一緒にいると、とても楽!
僕は非力なアルコールバーナーで手抜き料理。なんてったってベロベロになるから何時も手抜き

そして他人の料理を美味しく食す他力本願な僕。

222 1533  222 1525



もっと、ちゃんとしたレポを書きたいけど何時ものごとく泥酔で記憶がない。


ロケーション、オーナー、友人そして、いつまで付いてくるかわからない次男坊と最高だったことは
間違いない。

次回の予約もしっかり入れて帰宅した。




この記事のURL | キャンプ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オッサン二人
- 2010/01/19(Tue) -
先日、キャンプでお世話になったご夫婦と地元のもつ焼き屋で再会した。

キャンプに来なかった奥さんも一緒だがお互い子供は抜きである。

食い盛りの子供抜きなので思いっきり飲み食いして私は途中から記憶が無い。


しかしソロキャンデビューの旦那同士盛り上がった事だけは思い出した。


私は道具を揃えるにあたって「コンパクト」な物ばかり買い集めていたので問題無しなのだが
先方さんはキャンカー乗りのうえ道具もそこそこで、これから買い集めるそうなのだ。

したがって道具が揃い次第キャンプという訳だがお互いソロは初めてで経験不足なのでデビューは
「暖かくなってから」ということで三月下旬の連休に決まった。


楽しみなのだが果たしてオッサン二人のソロ・キャンはどうなることやら?


ちなみに私はヴァンと行くのでソロとは言い難いところがある。
この記事のURL | キャンプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
成長した
- 2010/01/11(Mon) -
受験の息抜きと思いキャンプに誘ったら「俺、行く!」と言うので4年ぶりに長男とキャンプに行ってきた。


幼稚園から小学生まではよく付き合ってくれていたが中学にあがり部活で私とはすれ違いが多く寂しい思いを
してきた(私が)。


今回のキャンプは野宿ではなく友人に紹介してもらった高規格のキャンプ場であった。
勿論、友人ファミリーも一緒だ。

222 1487
友人のサイトはロッジに薪ストーブ

222 1488
冬の定番、シェル内にムーンライトのインナーが我が家のスタイル。


一泊二日の忙しさだがレンタル・カヌーがあり場内を流れる川で息子達と漕ぎである。

長男と最後に漕いだ四年前と比べると力強く非常に楽になった。次男も理解力が増し去年よりも上手になった。

2010011011340000.jpg  2010011011260000.jpg

今回、私と友人の二組の貸切。ヴァンをノーリードで遊ばせてクタクタにすると夜はお決まりの宴会!

楽しいひと時は酔いと共に時間を加速させ気が付けば朝であった。

長男曰く「このキャンプ場だったら、また行くよ!」と父親を喜ばせてくれたのであった。

春先にはソロ・キャン・デビューの友人と一緒に私もソロ・デビューの予定だ。
と、言ってもヴァンと一緒だけどね。
この記事のURL | キャンプ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の野遊びにむけて
- 2008/09/23(Tue) -
先日のキャンプで野遊びの醍醐味を理解してくれた様子のママ。

「上膳据膳とまではいかなかったけどキャンプってい?よねぇ」と、私が目指していたファミリー・キャンプのスタイル「我が家流」が定着したと実感したママの一言であった。

一時はキャンピングカーの話もあったが、そこに行き着く理由が私の中では見つからなかったのである。値段の事が最大のネックになっているが「時計を気にしないひと時」を野遊びの中で見つけてもらいたかった。

まぁキャンプ道具は別として「火熾し」ひとつとっても着火材無しで火を熾すのはどうやるかとか時間はかかるが「火が着いたとき」の喜びは「食」に対する大切さを知る事にもやがてなってくるだろう。
遠回りだが、そんな教育が世の中には無いと思っている。

こんな野遊びに理解をもらえなかったのは私の知識と経験が不十分だったからだろう。
今までママ無しのキャンプが続いたが経験値があがった今の私は「次は冬の野遊びを家族で」が目標である。

冬の乾燥して澄んだ夜空の星が我が家を待っている。

なんてカッコつけてるけど本当は、どうしても欲しい「冬にむけて」の新たな「道具」が欲しいのである。
ポチッとしちゃうぞ!
この記事のURL | キャンプ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。